体験

沖縄県石垣島 伝統工芸体験 琉球ガラス みんさー織 紅型

石垣島の工芸体験 観光におすすめランキング5選
石垣島の文化を感じよう!石垣島観光におすすめの工芸体験

石垣島の文化を感じよう!石垣島観光におすすめの工芸体験

石垣島観光では、伝統工芸品やアクセサリーの手作り体験が人気。
石垣島といえばエメラルドグリーンの海を思い浮かべる方は多いことでしょう。
石垣島には、美しい海に囲まれた島ならではの文化があります。
マリンアクティビティやドライブの間に、石垣島の文化・工芸に触れる体験はいかがでしょうか?ものづくり体験は旅の思い出やお土産にもなります。

伝統工芸品や手作りアクセサリーの体験は、旅行中に雨が降っても楽しめるところが魅力。ファミリーやカップル、一人旅の方や、インドア派の方にも工芸体験がおすすめです。
石垣島の空港に降り立つ前に、どんな工芸体験があるのかチェックしておきましょう!

石垣島で人気の工芸体験はコレ!おすすめ体験ランキング

第1位:みんさー織り体験
石垣島でしか体験できない伝統的工芸品!ロマンチックなミンサー織り

石垣島の工芸体験といえば「みんさー織り」。石垣島と竹富島で織られる「みんさー織り」は、「八重山ミンサー」という呼称で平成元年に経済産業大臣による指定を受けた伝統的工芸品です。

一点一点テキスタイルデザインを考え抜いて設計し、染色から織りまでから数々の工程を経へて完成する「みんさー織り」。繊細な色づかいはまさに職人技による美しさ。

みんさー織りはご縁をつなぐ工芸品
みんさー織りとは、島の女性が愛する男性のために織った藍色の「ミンサーフ(ウ)」という帯が原型といわれています。「五つ」の絣柄と「四つ」の絣柄から成る特定の文様には「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く一緒にいられますように。」という願いが込められています。

みんさー織りの工芸体験ができるのはココ!

●みね屋工房

「みね屋工房」は石垣島のミンサー織りの工房兼ショップ。沖縄らしい赤瓦の屋根が目印です。みんさー織りのはた織り見学のほか、草木染体験やはた織りの工芸体験やもできる。半日体験も有ります。隣接のレストランで食事ができるのも嬉しい。体験の他に、みんさー織りのお土産も豊富。

URL:https://www.mineya.com/
所在地:沖縄県石垣市新川 1129-2
アクセス:南ぬ島石垣空港よりレンタカーで25分
TEL:0980-83-0039
駐車場:あり
開館時間:AM9:30~PM6:30(年中無休)
入館料 無料

第2位:石垣焼の陶芸体験
石垣島の海のような深いブルーに感動!陶芸体験が人気

石垣島の工芸体験で、陶芸体験にチャレンジしたい方には石垣焼(いしがきやき)の体験がおすすめ。石垣焼とは、陶器とガラスの融合による焼き物。中央には粉末にした鉱石と透明のガラスを使用し、沖縄の海の色を表現しています。

ガラスと陶器の融合は収縮率の違いから難しいと言われてきましたが、「石垣焼窯元」ではそれを実現しました。一点一点作品ごとに異なるブルーが味わい深い工芸品です。

石垣島で陶芸の工芸体験ができるのはココ!

●石垣焼窯元

「石垣焼窯元」は石垣焼の工房兼ギャラリー。高温の窯の中で生まれるブルーが印象的な作風です。体験陶芸教室では大人から子供まで楽しめるのでファミリーにもぴったり。お皿や茶碗、アクセサリーなど、お好きなものを作れます。シーサー作りの工芸体験も人気。参加は手ぶらでOK!併設のギャラリーに飾られている、作家作品の油滴天目の石垣焼は必見。

URL:http://www.ishigaki-yaki.com/
所在地:沖縄県石垣市名蔵1356-71
アクセス:南ぬ島石垣空港よりレンタカーで25分
TEL:0980-88-8722
駐車場:あり
開館時間:AM9:30~PM6:00(年中無休)
※台風時もオープン(要確認080-6490-8722)
入館料 無料

第3位:琉球ガラス体験
泡盛を飲むグラスは自分で作る!手作りのガラス体験が人気

「琉球グラス」は、別名「沖縄ガラス」とも言われるガラス工芸品。明治時代に長崎や大阪から沖縄へやってきたガラス職人によって製法が伝えられました。太平洋戦争後にコーラやビールの空き瓶を再利用して作られたガラス製品の風合いが、現在の「琉球ガラス」工芸のスタイル。平成10年に沖縄県の伝統工芸品に認定されました。

近年ではリサイクルガラスを使う工房は少なくなりましたが、細やかな気泡の混入や、厚みのある素朴な作風が愛されています。涼し気なガラスの工芸品は泡盛にもぴったり。

石垣島でガラス工芸体験ができるのはココ!

●石垣島ガラス工房 Ponte(ポンテ)

「石垣島ガラス工房 Ponte」は海辺にある本格吹きガラス工房。琉球ガラスのコップや一輪挿し、小鉢などを作る工芸体験ができます。体験メニューも吹きガラスだけでなく、トンボ玉やサンドブラスト、ガラスのシーサー作りの工芸体験などと豊富。女性やお子様にも安心してご参加いただけます。色や形、模様はすべてオリジナル! Ponteの作家によるオリジナルグラス、ガラスの手作りアクセサリーも売っているので工芸品のお土産に。

URL:http://ponte-glass.com/
所在地:沖縄県石垣市新川1625-35
アクセス:南ぬ島石垣空港よりレンタカーで25分
TEL:0980-82-4620
駐車場:あり
開館時間:AM10:00~PM6:00
定休日:水曜日
入館料 無料

第4位:石垣島の月桃で作る民芸品体験
天然素材の優しさに触れる!一年中使える石垣島の民具

石垣島で工芸体験するなら、石垣島の自然の素材にも触れてみたいところ。石垣島の各所に生えている「月桃(げっとう)」は、5月~6月に白い花を咲かせるショウガ科の植物です。
月桃の葉に餅をくるんで食べたり、葉を刻んでタンスに入れて虫よけにしたり。沖縄や石垣島の暮らしに馴染み深い天然のハーブです。
「月桃」は石垣島のお土産でも人気。せっけんや化粧品、健康食品において注目さて続けています。

石垣島の「月桃」で作られる民具は、円座やカゴ、ランチョンマットやまくらなど、種類豊富。自然の素材で作られた民具は夏に涼しく、冬は暖かいもの。一年を通して愛用できます。

石垣島で民具づくりの工芸体験ができるのはココ!

●やちむん館工房 紗夢紗蘿(さむさら)

「やちむん館工房 紗夢紗蘿」は石垣島の白保地区にある工房。島の植物を使い、昔ながらの民具づくりを体験することができます。体験メニューの月桃円座やランチョンマットは2・3時間で作れます。木の実のアクセサリーやストラップもおしゃれ。店内には古道具や一つ一つ丁寧に作られた雑貨たちがいっぱい!穏やかな空気とともにリフレッシュ!

URL:http://www.yachimunkan.co.jp/workshop.html
所在地:沖縄県石垣市白保1960-15
アクセス:南ぬ島石垣空港よりレンタカーで30分
TEL:0980-86-8960 (体験は要予約)
駐車場:あり
開館時間:AM10:00~PM5:00(金・土・日)
定休日:不定休

第5位:紅型体験
鮮やかな沖縄カラーでオリジナルの作品作りを体験しよう!

石垣島で工芸体験に参加するなら、「紅型(びんがた)」体験はいかがでしょうか?
「紅型」とは、沖縄を代表する伝統的な染色工芸。「紅」とは赤色のことではなく、色全般を指します。一方、「型」が表すのは模様のこと。中国の型紙の技法、京友禅の手法を取り入れた沖縄の染物です。昭和59年に「琉球びんがた」として国の伝統的工芸品に認定されました。

琉球王朝の繁栄を表す鮮やかな紅型は、心うばわれる美しさ。植物染料を用いて染め上げる沖縄の染色には、色鮮やかな「紅型」と琉球藍の「藍型(えーがた)」があります。広い意味でいえば藍型も紅型に含まれます。

石垣島で紅型の工芸体験ができるのはココ!

●藍布工房(らんぷこうぼう)

「藍布工房」は、紅型、藍染めの工房兼ショップ。およそ2時間~、コースターやハンカチ、オリジナルTシャツなどの紅型工芸体験が可能です。工房は石垣島の景勝地「川平湾」のすぐ近く。工房から川平湾が一望できる、とっておきの場所で伝統工芸の体験ができます!川平公園観光の予定と一緒に組んでみるのがおすすめ。のれんやバッグなど、オーナーが手がけた作品も見どころ。

URL:http://lamp.yaema.jp/index.php/school
所在地:沖縄県石垣市川平1287-47
アクセス:南ぬ島石垣空港よりレンタカーで30分
TEL:0980-88-2739 (体験は前日までに要予約)
駐車場:あり
開館時間:PM1:00~(要相談)
定休日:火曜日

石垣島の工芸体験は旅の思い出にぴったり

石垣島の工芸体験は、古くより石垣島の暮らしの中で育まれてきた文化を体感するチャンス。自分で作った作品はまさに世界にひとつだけの一点物です。手作りの作品が手元に残る体験は、石垣島の思い出をいつまでも大切にとっておくことができますね。
工芸体験スポットは、お土産や記念品などのお買い物を楽しめる場所でもあるので、お買い物好きさんもチェックですよ!