観光

沖縄県石垣島 旅行 観光 ベストシーズン 時期 過ごし方 おすすめ ステイ

旅行ベストシーズン・絶景時間帯を知る!達人の石垣島 月別お勧めステイ
石垣島のハイビスカス

ナビゲーター Kay

20年前に初めて旅行で石垣島を訪れて以来、島の魅力に取りつかれる。年2~4回ほどの石垣島旅行を20年間継続。2020年移住してBlueOceanResortを建設してリゾート運営に挑戦。 旅行者目線で石垣島を語らせたら最高レベルの経験値を持っています。ぜひ捕獲して島の魅力を奪い取ってください。

自分のベストシーズンはいつ?石垣島の旅行時期

旅行ベストシーズンは夏だけ!と思われがちな石垣島。でも実は、春もプールに入ることができたり、冬は穏やかな気候で過ごしやすく魚介が美味しいなど、年間を通じて楽しめます。旅行者からスタートして、石垣島を愛して移住した、そんな私の経験からの計画成功、失敗談から石垣島の楽しみ方が見えてきましたのでシェアします。

海で遊びたい方におすすめ4月~10月

石垣島のベストシーズンっていつかご存じですか?一般的には夏の海水浴シーズンと思われがちです。でも、本当の意味でのベストシーズンは滞在の仕方によって変わってくるんです。

ダイビングやシュノーケリングは4月末〜5月中旬が最適な時期

まず、石垣島といえば海。ダイビングやシュノーケリング、海水浴を楽しみたい方。ベストシーズンは4月末から5月中旬です。4月中旬になれば春が終わり夏本番。セミが鳴き連日30度の夏日です。
時々強烈なスコールが来ますが長続きはしません。すぐに強烈な日差しが戻ってきます。植物が一気に成長し、フルーツがおいしいのもこの時期です。ピーチパインや島バナナは普段スーパーで買って食べるパインやバナナとは別物。
甘さもおいしさも格別です。ドラゴンフルーツやマンゴーが出だすのもこの時期です。台風もなく海水浴の敵、ハブクラゲもまだ発生する確率は低い時期です。ゴールデンウイークを除けば、航空券やホテルの価格も安くまさしくベストシーズンです。

海遊びは7月上旬〜10月末も楽しめる時期

次にお勧めな時期は梅雨明けの7月上旬から10月末。毎日よく晴れて天気も安定するのですが、この時期は台風が来るんです。石垣島は台風の通り道。一年に4~6個の強力な台風がやってきます。
台風がこればすべての施設はクローズ。停電でエアコンが使えないだけでなく食糧難にもなりかねません。夏休みで航空券やホテルも高くなるので長期滞在にはお財布に厳しいです。

観光中心で日焼けしたくない方が過ごしやすい時期は11月~2月

石垣島竹富島観光牛車
石垣島竹富島観光牛車

石垣島の夏はアジアの熱帯雨林気候。夏は湿度が高く日差しも強烈です。真夏の気温は32~33度ですが、何といっても日差しの強烈さは本州とは別物。オーブンに入って焼かれるといってもよいほどの日差しです。

とてもではないですが、観光なんてできません。そんなわけで海水浴や海遊びよりも竹富島で水牛に乗って伝統的な赤瓦住宅を見たり三線を聞いたりとしたいあなた、ベストシーズンは間違いなく、11月~2月です。

この時期、石垣島は冬から春にかけての三寒四温。最高気温16~20度程度の雨の三寒と20度~25度の晴れた四温が交互に来ます。日差しも穏やかで何といっても寒くない。花粉がない。乾燥がない。

本州の三大苦悩が石垣島にはありません。そして何よりうれしいのが航空券やホテルの価格の安さ。夏場の半額は当たり前。可能な限り長めの休みを取って、ゆっくり何もしない贅沢な時間を過ごしましょう。

花粉症・乾燥・寒さが苦手な方には12月~3月の旅行でリフレッシュ

本州では紅葉が終わると気温はぐっと下がり暖房の時期になります。空気も乾燥しインフルエンザの恐怖が始まります。しかしここは海に囲まれた石垣島。乾燥とは無縁。

特に12月、1月は第二の雨期ともいわれ小雨と晴れ間が繰り返します。気温もどんどん下がり時には20度を割ってくる日も出てきます。観光客も一気に減ります。

夏は人気で予約が取れないレストランも比較的簡単に予約が取れます。時間がある方は一ヵ月ほど滞在してみてはいかがでしょうか?島料理を作ったり、三線を学んだり。

寒くないって最高の贅沢!ということに気づかせてくれることでしょう。

石垣島には杉や檜は生えていません。だから花粉症もありません。本州の気候で例えると毎日が花粉症のない3月~5月の小春日和と初夏の気候が続きます。

南国フルーツを満喫!4月~6月の果物豊作おいしいシーズン

石垣島の島バナナ
石垣島の島バナナ

本当に美味しい島バナナを食べたことありますか?所詮バナナでしょ!スーパーのバナナと対して差がない高いだけのバナナでしょ!そんなにって思ったあなた。私も最初はそう思ってました。

でも、本当においしいバナナの食べ方を知ってから考えが変わりました。完熟した島バナナはマジ旨い。まさにバナナを超えたバナナです。私は完熟のタイミングを知らなかったのです。

島バナナは緑色のまま出荷され売店に並びます。皆さんがお土産屋さんで見たり買ったりするのは多くは緑のバナナです。当然このまま食べる人は居ません。自宅で追熟して黄色くなってから食べる。

これが間違っていました。島バナナの食べごろ。完熟目安は「見た目も悪く、少し黒くなった頃」なのです。黄色いうちに食べてしまうとスーパーのフィリピンバナナと味はあまり変わらないです。

フィリピンバナナと島バナナの比較
フィリピンバナナと島バナナの比較

値段が高いだけの小さなバナナに感じます。スーパーで売っているフィリピンバナナは黒くなったころは中身も傷んで味も落ちます。しかし、島バナナは黒くなるのは皮だけ。中は食べごろの綺麗なバナナが出てきます。

黒くなった島バナナは黄色い綺麗なバナナとは別物の味です。濃厚な味と口中に広がる南国フルーツ特有の甘みがあります。少し黒くなることで単なるバナナから極上バナナに大変身です。

極めておいしい島バナナですが、最大の敵は台風。島バナナの木は他のバナナに比べてとても巨大に成長します。そして大きな葉が何枚も付きます。だから台風が来ると一斉に倒れてしまいます。

害虫にも弱いそうで、特にゾウムシがバナナの幹に入り一斉にダメにします。収穫が安定しないので農家さんも生産を嫌います。だから石垣島でも収穫量は少なく高価で貴重なバナナなのです。

パイナップルも同様です。やや小ぶりで甘みの強いピーチパインは4月に入ると出荷が始まります。こちらはほんのりオレンジ掛かった色になれば完熟なんですがお勧めは売れ残り狙い。

公設市場前のおばぁの店やお土産屋さんで売れ残って明日にも廃棄か?ってくらいに完熟したものが一玉100円で売ってることがあります。お土産屋さんは対象者は観光客。当日中に食べてくださいハードル高いんですよね。

でも最完熟で甘み、うまみが一番強いのもこのタイミング。とっても美味しいんです。おすすめの方法は買ったらすぐにカットして冷凍。旅行中でもコンドミニアムタイプの客室なら包丁などついていますし、ホテルの方に頼むという選択肢もあります。ジップロックに小分けにして翌日凍ったまま海や観光に持っていく。もっともリーズナブルに一番おいしい食べ方です。

6月に入るとマンゴーが出そろいます。石垣島の太陽をたっぷり浴びて育った路地もののマンゴーは強い甘みと安さが売り。大きくて形が良くて黒いシミがないものは大切な方へのお土産用。

自分で食べるお勧めは2つ。

1つ目は黒いシミが付いてお土産用にならないもの。味は変わらず値段は激安です。島中の道路わきにできる無人販売所や個人商店の売店で売られています。

もう1つが小さい丸いマンゴー。無造作に袋に詰められ、1袋数百円で売られています。形が違うので一見同じマンゴーのようには見えないかもしれませんが味は全く同じか、小さい中に甘みが強く詰まっておいしいです。

こちらも完熟直後に傷んできますので完熟を買ったら即座にカット、ジップロックに詰めて冷凍します。

他にもドラゴンフルーツやグアバ、レンブ、と続き7月にキーツマンゴーが収穫されると初夏のフルーツシーズンは終了。本格的な夏休みと台風シーズンが訪れます。

月別のお勧めの過ごし方(最新アップデート2020年6月)

石垣島の達人Kay監修で、石垣島INFOスタッフが月別のおすすめの過ごし方を作成しました。ぜひ来島時期の検討にどうぞご活用ください!

石垣島おすすめ滞在プランカレンダー
石垣島おすすめ滞在プランカレンダー(クリックで大きい画像をご覧いただけます)
達人おすすめの石垣島滞在スタイル
1月避寒と乾燥対策・観光地巡り
2月避寒と乾燥対策・観光地巡り
3月花粉症からの避難・観光地巡り・海開き
4月花粉症からの避難・海遊びスタート 海と観光両方のベストシーズン
5月海遊びのベストシーズン・フルーツが美味しい・中旬から梅雨入り
6月フルーツ真っ盛り。雨期・スコールと晴れを数時間おきに繰り返す・マンゴー最盛期
7月梅雨明け・夏本番。天の川観察もベスト時期
8月夏本番で観光客が最も多い時期。一番の繁忙期
9月まだまだ真夏。台風リスクが高い時期
10月まだまだ真夏。台風リスクが高い時期
11月気温が下がりだして小雨が振り出します。北からの季節風が始まります
12月クリスマスでも最高気温は20度前後。寒くないって最高の贅沢です

石垣島の絶景に出会うコツ 季節だけじゃなくて月齢と潮目も選ぶ!

石垣島の最大の魅力は、今も保全される八重山諸島の美しい大自然。石垣島の自然は時とともに様々な景色へと変化します。同じ場所でも潮の満ち引きで、まったく景色が変わります。自分にとって最高の絶景に出会うには、季節だけでなく、潮見表・月齢を読んで日程を決めて訪れることが最大のコツ!次に、潮見表・月齢と絶景の組み合わせについて、お伝えします。

星が見たいですか?それとも自然美の絶景を見たいですか?

星空 天の川 石垣島 絶景

石垣島と西表石垣国立公園。そこは日本唯一、ダークスカイ協会に認定された星空保護区。まさに星の島です。一年を通じていろいろなツアーが開催されており、星を楽しみに来島される方も多いです。
皆さん、口々に言われるのは今夜は晴れますか?残念ながら島の天気はとてもよく変わります。天気予報も頻繁に外れてまったくあてにになりません。梅雨時でも晴れる日は多いですし、真夏もスコールで雨が多いです。まさに星空観察は運任せなのです。

石垣島で天体観測!天の川に出会うなら新月の時期の旅行がおすすめ

しかし、確実に事前にわかる星空観察に向かない日があります。それは満月とその前後。空は明るく街灯が無くても夜道を歩けるような明るさです。もちろん星空は残念になります。星空が見たければ新月とその周辺を狙ってお越しください。
天の川が見たければ夏がおすすめです。夕食を食べて一息ついたら暗闇へ。空を見上げると東から天頂に向けて薄い雲が見られます。これが天の川。暗い場所なら肉眼でもくっきりと見られます。もちろん新月周辺を狙ってお越しください。

川平湾観光なら満潮時間帯の晴れたタイミングにGO!

海の景色も月の影響で変わります。例えばこの写真、石垣島を代表する絶景ポイント。川平湾の2枚の写真です。

晴れた日の川平湾
曇りの日の川平湾

川平湾の絶景を生み出すのは海底の白い砂に差し込む強烈な日差しと水深によって色が変化する青のグラデーション。月による潮の満ち引きでこんなにも魅力が変わります。すなわち水深が浅い干潮で日差しが少ない曇りの日は魅力大幅ダウンです。
川平湾に行かれるときは満潮時に晴れた時を狙ってお出かけください。

石垣島の干潮時間帯は絶好の探検時間

干潮の時間帯はマングローブでかわいい生き物たちに会いにいこう

干潮が良い場所もあります。マングローブは生き物たちの宝庫。潮が引きマングローブの根元の泥や川沿いの砂地が陸地になると様々な生き物が顔を出します。片方だけの爪が大きい小さなカニの「シオマネキ」はその代表。小さな穴から一斉に顔を出します。
人の足音でさっと穴にもぐってしまいますのでそーっと、静かにご覧下さい。川沿いの泥地にはトビハゼが歩いています。ひょうきんな顔をしてえらを上手に足替わり。ぴょんぴょんと陸上を飛び跳ねます。

サンゴや熱帯魚が美しいイノー探検も干潮時がおすすめ!でも制限時間に気をつけて!

イノー(サンゴ礁に囲まれた内海)も陸続きになりちいさな子供さんでも歩いて探検できます。イノーの中のちいさなくぼみの水たまりにはカラフルな熱帯魚やたくさんのサンゴが見られるようになります。岩の割れ目にはシャコガイが住んでいます。
石垣島のサンゴ礁にたくさん住んでいるアオヒトデ。カラフルですが毒はありません。少し怖いかもしれませんが触って一緒に写真を撮ってみてください。きっと良い石垣島の思い出になるでしょう。
イノー遊びの注意事項は3つ。1つ目、日焼け対策はしっかりと。2つ目、滑りにくく、足元をガードしてくれるマリンシューズを履くこと。そして3つ目は最も重要なこと、それは干潮の時間を知ること。
気が付いたら潮が満ちて帰り道がなくなるなんてことになったら大変です。必ず干潮の時間に携帯などのアラームをセットして陸に戻ってください。特に満月や新月周辺の大潮の時は一気に水位が上がります。

干潮時間のビーチは自然のアートの撮影タイム

遠浅の砂浜も干潮時が綺麗です。波によって作られた波紋の美しさはまさに自然美。カメラを地面すれすれまで近づけて、水面方向を写してみてください。きっと素晴らしい写真が取れますよ。

石垣島の絶景はいつも一期一会

石垣島の自然は時とともに様々な景色へと変化します。同じ場所でも潮の満ち引きでまったく景色が変わります。同じ場所でも何度でも訪れてみて自分なりの好きな時間を探してみてください。